【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年10月13日

ああ不思議だなあ―大聖堂(世界遺産)での感想

 ロシアという国は、宗教への信仰心が強い国だと聞いていました。とりわけソ連が崩壊した後に、精神のよりどころとして一段と信仰があつくなったともいいますし、また国旗の真ん中の色である青は、信仰を意味するそうです。何も正教を専門的に勉強したわけではありませんが、少なくともそのようなことは頭に入れて、ロシアに来たつもりでした。
 しかしながら、普通に生活していて、街中などでロシア人を見たり、ロシア人の友人とたびたび接したりしていますが、とくにそのような宗教性を感じることはありませんでした。そして、いつしか、ロシアがロシア正教の根ざした国であることが意識の外へと向かいつつありました。

DSCF6021.JPG

 そのようなときに、ロシア人の友人に誘われて、セルゲエフ・ポサドというところへ行く機会がありました。モスクワの中心地から電車で1時間ほどのところにあります。この町に大きな修道院があり、そこへ向かったのでした。日曜日ということもあり、ロシア人のみならず、海外からの観光客などの多くの人でにぎわっていました。
 またその日は、かなり天気がよく、どのような写真を撮っても、ベストショットのように見えてしまうほどでした。友人たちとおしゃべりをしながら、写真をとりながら、人だかりのなかを歩きました。日本人からすれば、エキゾチックに感じてしまう建物群は、太陽の光と、くもひとつない青空に、いっそうひき立てられて映りました。

DSCF6081.JPG

DSCF6082.JPG

 全体をぐるりとまわり、ふらりと大きな聖堂に立ち寄りました。もちろん、多くの人が中にはいたのですが、空気が異様に静寂でした。外のにぎやかさとは、ずいぶんとかけ離れた、落ち着きようが感じられたのでした。何か大きな声で話すのが、申し訳ないように思えてしまうくらいの雰囲気でした。
 観光地といえども、来ているのはロシア人が多いのです。ですので、彼ら彼女らは、その大きな聖堂でお祈りをするのです。まず、建物の中に入る前に、必ず十字をきって、一礼する。入ると、イコンのような崇拝物の前で、同様に十字をきって、接吻をし、頭をつけ、そしてまた十字をきる。それが終わると、火をつけたろうそくを、ろうそく立てのような束に、添える。小さな子どもや、今風の若者から、年配の方々まで、みな同じようにお祈りをするのです。その姿には、真面目さ以外は何もないのです。真摯(しんし)という言葉がぴったりでしょうか。普段、生活していては決して目の当たりにすることはできないであろうロシア人の姿が、そこにはありました。

 あとから調べて驚いたのですが、この日に訪れた聖堂群は、正式名を「至聖三者聖セルギイ大修道院」といい、世界遺産に登録されています。そして、異様な静寂を味わった聖堂の名は、「ウスペンスキー聖堂」といいます。
 実は、この聖堂に入ったときと似たような感覚を覚えたことがありました。それは、京都の西本願寺の本堂に足を踏み入れた瞬間です。国や宗教は違えど、何かしらのシンパシーを感じたことは否めません。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 00:10| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

愛の縁起もの

DSCF5804.JPG
 
クリスマスツリーではありません。ぶら下がっているのは、鍵、です。

 
 これは、カップルの絆を、鍵によってがっちり結びつけるという縁起もののひとつです。

DSCF5810.JPG

 って、深い意味など特にあるわけでもなく、ただこれだけなのです。自分自身の鍵を飾りに行ったぜ!、なんていうオノロケ報告であるはずもなく、単なる小ネタのようなものです……。ここから、気の利いた展開もあるわけではありません……。

 今日は、すこしとり急いでいますので、このあたりで失礼いたします。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 22:41| Comment(2) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

モスクワの動物園

 先日、モスクワの動物園へ行ってきました。動物園に行くなんて、いつ以来でしょうか。とりわけ動物好きでもなく、東京に住んでいたくせに上野動物園にも行っていない僕が、動物園におもむくというのは、ロシア人の友だちに誘われたということと、「モスクワ」と名のついた動物園が気になったからにほかなりません。

 実際、園内では友だちと話したり、動物を見物したり、写真を撮ったりと、いたって普通に過ごしました。以下、ちゃんとした写真を。
DSCF5920.JPG

DSCF5903.JPG

DSCF5915.JPG

DSCF5857.JPG


 動物園の感想としては、とにかく広い!ウィキペディアのロシア版と英語版を当たってみると、およそ21ヘクタール。東京ドームが4,5個くらいでしょうか。ずいぶんと歩いた印象がありました。

 こんな看板がありました。

DSCF5912.JPG

 入水禁止。いや、誰も入らないから……(汗


いつも、読んでくださってありがとうございます。たいへん恐縮なのですが、ぜひともブログランキングのためにクリックをよろしくお願いいたします。四角のマークをクリックしていただくと、ランキングへ飛びます。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 22:59| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

おもしろき眺め

 「赤の広場」の駅からの入り口の向かい側には、広場がひらけています。そこには、お土産なのどの出店が出ていて、にぎやかな雰囲気をかもしています。

 その広場の中心に立つと、写真のような光景が目に入ります。
DSCF5652.JPG
 
 さらに、左側を向くと……
DSCF5654.JPG

 いろいろ示唆しているようですかねえ……))

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 22:56| Comment(2) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ヴォルガ―古都トゥベリより

 トゥベリという町は、とても古い町です。さかのぼること、12世紀のこと。1247年には、トゥベリ大公国の首都として、栄えました。当時は、強力な国だったそうで、ロシア帝国の前身となる、モスクワ公国としのぎを削っていたのでした。ロシアが「タタールのくびき」から脱却する、あの時代を生きた、古い町なのです。
 
 大学の行事で、この地を訪れる機会がありました。モスクワから、バスで3,4時間ほど走りました。モスクワを離れていくにつれ、だんだんとひと気がなくなっていきます。おだやかな田園風景が広がり、建物も時代がいく年か戻ったような様相をしていました。妙になつかしい、そのような印象を覚えました。そのような田舎道をへると、ようやくトゥベリに到着しました。
 当然モスクワより小さいですが、何か町に落ち着きを感じました。モスクワよりも、時間の流れが遅い、そのような感覚です。
 
 その日の行事というのは、トゥベリの大学生と交流するというものでした。まず、その大学を訪れ、その後に、船でヴォルガ川をまわりました。

 


 天候に恵まれた、すばらしい日でした。

DSCF5702.JPG

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 21:51| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。