【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年08月24日

国旗のはなし

8月22日=ロシア国旗の日 トリコロール定着(ロシアの声 22.08.2010, 17:35)
 8月22日はロシアで国旗の日にあたる。五輪などでもおなじみとなった白青赤の3色旗の歴史について、今一度振り返ってみたい。
 現在の3色旗が生まれたのは、今から300年前のこと。モスクワ大公アレクセイの時代だ。1660年代に建造されたロシア初のフリゲート艦「オリョール」号の識別旗として採用された。その後、息子のピョートル1世が国旗として正式に承認することになる。ロシアの海軍の生みの親であるピョートルは自らペンを振るって構図を考えたらしい。「白=清潔、高潔。青=信仰、忠節、赤=エネルギー、勇敢さ、遺志」といった意味づけは後になってからのこと。
 このデザインが廃止されるに至ったのは、やはり革命である。共産主義政権下で国旗は赤地に槌と鎌を描いたものに変わった。ソ連崩壊の足音が近づくなか、1991年に最高会議が決議として「公式シンボル」として3色旗を復活させ、93年の大統領令で国旗に返り咲いた。「国旗の日」は最高会議に初掲揚された日を記念して翌94年から祝われている。
 社会調査によると、3色旗の人気はここ20年で上昇しているという。今年はペテルブルグで3つの通りを白青赤の服を着た人がそれぞれ埋める「人間トリコロール」のイベントが行われた。


 実際に、歴代の国旗を振り返ってみましょう。あくまで、wikipediaの参照ですが。


 1699〜1858年
1699-1858.png
 1858〜1883年
1858-1883.png
 1883〜1917年
1883-1917.png
 1914〜1917年
1914-1917.png
 1918〜1920年
1918-1920.png
 1925〜1937年
1925-1937.png
 1937〜1954年
1937-1954.png
 1954〜1991年
1954-1991.png
 1991〜1993年
1991-1993.png
 1993〜現在
1993-現在.png

 国旗は、その国の象徴として、重要な意味をもちます。ロシアの国旗をたどっていくと、その変化がよくわかります。国旗で歴史を振り返ることは、文字の羅列の年表よりも、ずっとわかりがいいかもしれません。
 また、記事の「3色旗の人気はここ20年で上昇している」という表現は、日本人からすると、すこし変わった表現に聞こえるかもしれません。日本の場合、だいたい日章旗でかわりがなく、特別大きな変化というのも見受けられません。ロシアが20年前に一度体制が崩壊していることを改めて考えさせられます。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:59| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

初雪

京都の宿にいるのですが、パソコンからネットがつながらないので、携帯から更新します。京都については、明日また書いていきます。

さて、先日モスクワの気温がいっきに下がると書きましたが、それについての記事がありましたので、紹介します。


露で初雪、急激に気温下がる 森林火災は沈静化
記録的な猛暑が続いていたロシア西部の気温が20日までに急激に下がり、北西部のムルマンスクでは初雪が観測された。国営テレビ・ロシア24によると、20日午前のモスクワ市内の気温は9度。猛暑と干魃を受けた森林・泥炭火災も収束に向かっており、大統領令で導入された非常事態は7地方のうち6地方で解除された。モスクワでは、今夏、連日の気温が30度を超える異例の暑さが続き、7月29日には観測史上最高の38.2度を記録した。(モスクワ 遠藤良介 産経新聞08/21 00:22)


いやあ、初雪まで記録するとは思っていませんでした。凄まじい冷え込みだったことを数字が物語っています。

それにしても、火災の方が落ち着いてきたことは、何よりも安心です。
ただ、小麦関連などの「余波」は避けられませんし、火災のように沈静化はしていません。ここは今後を見守る必要があります。


今日は、この辺で失礼します。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:42| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ひまわり−こっかの話

 こっか。国家ではなく、国歌でもなく「国花」についてです。
 日本の国花は、「桜」と「菊」だそうです。いわれてみれば、すんなりと納得がいきます。

 そして、ロシアの国花ですが、意外なことに「ひまわり」だそうです。

 「ひまわり」は、もともと南米のインディオたちの大切な食物だったそうですが、16世紀にスペインが南米に乗りだしたことで、ヨーロッパに伝わりました。そして、ながい月日をへて、ロシアにも伝わることになります。
 正教会では、食べ物の品目を制限しなければならない斎(ものいみ)の慣習があって、19世紀の段階で、多くの油脂製品は禁止の対象でした。しかし、ひまわりは、その禁止事項が外れており、正教会の慣習に反することなく、ひまわり種子を食することができたそうです。そのようないきさつを経て、民衆にもひまわりが浸透していきました。
 現在では、ロシアは世界有数のひまわり生産国となっております。
 以上のようなことを考慮すると、ロシア国花としてのひまわりも納得いくのではないでしょうか。

imgb40cfd69e5799a377a51a.jpg

写真は私が撮りました、といいたいところですが、あいにくひまわりの写真はもっていません。ですので、他サイトの画像をとりあえず、、、

各国の国花についてはコチラを参照しました。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ

posted by Itta at 23:22| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

わいろ2−ヒューレット・パッカード

 ロシアにおける賄賂の慣習については、以前いくつか書いてきました。

わいろ

ダイムラー贈賄とロシア

腐敗撲滅対策の進展―ダイムラー贈賄に絡め

 
数日前、また新たな汚職が発覚しました。


米司法省、HPに社内資料提供求める ロの汚職疑惑で (日本経済新聞2010/8/13 9:37)
【シリコンバレー=岡田信行】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などは12日、米ヒューレット・パッカード(HP)の元幹部らがロシアでの受注獲得のために800万ユーロ(約8億8000万円)のわいろを払ったとされる疑惑について、米司法省がHPに対し、内部資料の提供を求めたと報じた。HPは「捜査当局に協力している」としている。
 米メディアによると、この事件は2000年にロシアの連邦検事総長事務所から受注した3500万ユーロ(約38億円)に上るコンピューターの納入を巡って、当時の幹部3人が独子会社を通じてロシア側にわいろを支払ったとされる。共犯とされる7人を含め、大半がすでにHPを退社しているという。
 ロシア検察当局は今年4月、独検察当局の要請を受けてロシアにあるHPの拠点を家宅捜索していた。


 ロシア政府は、近年、腐敗(corruption)の撲滅のための政策をとっていますが、なかなか抜群な成果が出ていないとされています。今回の件は、2000年のことで、昔のことですが、やはり賄賂はロシアではまかりとおっているのでしょうか。

 先月に、プーチンについての世論調査が、独立的な世論調査機関Levada Centerというところによって行われました。それによると、国際社会でのロシアの地位を向上させたことを評価する意見がある一方で、腐敗との闘いでは上手くいっていないという批判もありました。

 賄賂…。もちろんロシアに限ったことではなく、多くの国々でも行われていると思います。ただ発覚していないだけで…。なかなか難しい問題です。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 14:06| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

戦争の記念日

 8月もおりかえしを迎えました。とくに今日は終戦記念日でした。

 戦争の記念日といえば、数ヶ月前にロシアが9月2日を対日戦の記念日にするかどうかということで話題になっていました。結局、第二次世界大戦の終結日としての記念と決められ、「対日本」という表現は避けられました。
 ロシアでは、5月9日を対独戦勝利の記念として、大々的な軍事パレードが行われています。

 このような戦勝記念日においては、いわゆる右翼グループの動きが活発になるとされます。ロシアでは、とくにアジア人排斥の動きもあるようで、中国人をはじめとして被害が出ているといいます。

 来月9月2日の終戦記念日がどのような扱いになるかは、前例がないのでよくわかりませんが、終戦65年ということで、極東を中心に大々的に祝う可能性がある(共同通信)とされています。
 僕のロシア入国が9月1日ですので、どうなるか気になるところです。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:03| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。