【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年03月13日

モスクワから、被災者への支援

 ここ数日間、更新が途絶えておりました。やはり、日本が今このような状態で、何かまったく関係のないような文章を掲載することが不謹慎に感じられ、躊躇していました。それだけではなく、この土日で、日本の支援活動の準備をしておりました。

 今回の災害を受けて、海外にいる日本人学生が、何とか日本のために出来ることはないものか、と支援団体を立ち上げました。

For Japan
という母体団体のもとに、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、スコットランド、ドイツ、ポルトガル、日本、そして私たちのロシアの各地域で、支部という形でそれぞれ団体が組織されています。具体的な活動内容は、ホームページを参照していただきたいのですが、大まかには、募金活動や帰国が難しい日本人の現地でのケア(語学的に厳しい旅行者の方々の生活のお手伝いなど)などがあります。

 基本的は、各支部が一つの組織として、地域中心にやっていきます。私たちモスクワの日本人留学生も、Moscow for Japanという組織が立ち上がり、現在活動中です。

 今後は、普段どおりのモスクワ情報に加え、こちらの活動も随時報告していきたいと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ



posted by Itta at 23:59| Comment(0) | 留学日誌(個人的近況) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。