【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年02月09日

ロシアの国旗は踏みにじられたのか2

 昨日ブログで扱った、ロシアの国旗が侮辱されたのかどうか、ということは、ようやく日本の主要メディアでも伝えられました。しかしながら、いまだに事実確認の段階であって、事の詳細はいまだにはっきりしておりません。

ロシア、国旗破られ「侮辱」と抗議声明【モスクワ=寺口亮一】ロシア外務省は8日の声明で、7日の「北方領土の日」に都内のロシア大使館近くで同国の国旗が破られるなどの「侮辱」行為があったとして、在モスクワ日本大使館の井出敬二公使を外務省に呼んで抗議し、日本政府に捜査を行い、責任者を処罰するよう求めたと発表した。
 また、ラブロフ露外相はタス通信に対し、この問題が「(10日からの)前原外相のロシア訪問に影響しない」と述べる一方、責任者の訴追を求めた。
 ロシアは、菅首相が7日メドベージェフ大統領の北方領土の国後訪問について「許し難い暴挙」と発言したことを非難する声明を発表している。
(2011年2月9日12時04分 読売新聞)


官房長官「事実関係を確認中」 ロシア国旗に「侮辱行為」で
枝野幸男官房長官は9日午前の記者会見で、東京都内の在日ロシア大使館前で右翼団体メンバーがロシア国旗を侮辱した行為をしたとされることについて「ロシア政府から日本政府に(捜査の)申し入れはあった。現在事実関係を確認中だ」と述べた。
(日本経済新聞 2011/2/9/12:17)


 事実関係については、時間がそのうち解決してくれることだと思いますが、大事なのは、ロシア国内で、この国旗問題がどのような反応をもたらすかでしょう。実際に、ロシア側の報道としては、国旗が侮辱されたのはもう事実として伝えられているので、それを覆すのはまた労が必要でしょう。
 今回の国旗問題にて大きな衝撃であるのは、「日本人の手によって」侮辱行為が行われたことでしょう。昨日引用した記事に、女性スパイのアンナ・チャップマン氏のコメントが掲載されていましたので、再び抜粋します。

 この若き親衛隊のリーダーの1人で、「美しすぎるスパイ」として知られるアンナ・チャップマンさんは、「日本人は道徳深く、ほかの国民に対しても高い敬意を持って接する国民だと理解しています。だから、ロシアの国旗を毀損したり侮辱したりする行為に参加しないと信じている」とコメントしています。


 ロシア側からすれば、「あの」日本でこのような過激な行動がとられたことが驚きなのです。そして、同時に怒りを買ってしまったことが十分に予想されます。学校でも、ロシア人の先生に、

「今回のことは、残念だった。なぜここまで酷くやる必要があったのだろう……理解できない」

と言われたわけですが、一般市民にとってでさえ、衝撃だったことを考えると、ロシアの右翼の人が今どのような感情を日本に抱いているかは、容易に想像がつきます。

 日本の右翼団体が過激なのと同様に、ロシアの右翼団体、民族主義者も過激です。今回のような、ロシアへの侮辱行為が問題になったり、日露関係の緊迫度が増してしまえば、日本人までも、いずれ彼らの「標的」になることが、少なからず推測できます。
 
 かといって、もしも侮辱行為の「犯人」がいるとして、彼をロシア側に差し出すほど、甘い話ではないでしょう。もっとも、日本には「外国国章損壊罪」という法律があって、処罰の対象となるので、それはラブロフ外相も言及しています。ですので、何らかの形で実行犯は特定される可能性はあるでしょう。

 ただ、日露関係として大きく見たときに、今回の騒動は単なるワンシーンに過ぎず、今後もギスギスした状況が続くでしょう。う〜ん、詳しい言及は今のところは避けたいと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。