【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年01月29日

「日本の皇帝の名前は何て言うの?」

 昨日のロシア人の友人との会話。日本人からしたらトンチンカンな質問ばかりですが、ある意味、これが世界という世間から見た日本なのかもしれません。半分冗談のようにしてご覧になってください。

――皇帝の話になったとき……
「日本にも皇帝はいるよね?」
「いるよ。日本では“テンノウ”というけれどね。」
「どこに住んでいるの?」
「東京の中心だよ。」
「中には入れないないよね?」
「まあ、中は無理だろうね。でも周りに大きな堀があって、そのあたりを歩くことはできるけどね」

「彼に手紙とか書けるかなあ……」
「書いて送ったとしても、本人が読むかどうか分からないね。」
「そりゃ残念。そういえば、インペラートル(天皇)の名前は何て言うの?」
「今の天皇はね……、確か、アキヒトというよ。」
「何で日本人なのに、日本の皇帝の名前をはっきり覚えてないのよ?」
「いやあ、普段そういう呼び方をしないから……。日本では、基本的には『〜天皇』というような言い方をしてきたから。だいたいそこには時代の名前が入るんだけど。」
「彼に苗字はないの?」
「ないよ。」
「何で?」
「……※」
「パスポートとか苗字がなくて大丈夫なのかしらね……」

「まあ、いいわ。ア・キ・ヒ・トね。Facebookとかないかしら?」
「(爆)いや、ないでしょww」
「何で?メドベージェフはtwitterがあるじゃないの。」
「それとは問題が違うよ。日本でも政治家はそういうのを持っているけれど、天皇はそういう感じの人ではないんだよ。」
「彼は政治家ではないの?」
「あっ、一番大事なことだった。天皇は政治に参加してはいけないんだよ。」
「彼は何をしているの?」
「ん〜、海外に行って、大使のような役回りをするし、国家の式に出席して、賞の授与とかをするかな〜。もちろん、これだけではないんだけど。」
「へえ〜、変わっているのね。」
「まあ、特殊といえば、特殊だよね。」

 他にも、現代のサムライはいないのか、とかどうすればニンジャになれるのか、など、もちろん冗談半分なのだろうけれど、聞かれました。日本人からすれば、天皇の話も含め、まずそういう発想をしないので、逆に新鮮でした。笑いながら会話をしていましたが、これも一つの日本への見方だと思って、心では真摯に感じていたしだいでした。

※参照→皇室の姓氏

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
君臨すれども統治せずってのが通じたらわかりやすかったのかなぁ…?

天皇制って実際説明難しいよね。笑
英語にするとエンペラー(皇帝)。でも「天皇=元首」という人もいる。だけど政治体制としては「立憲君主制」(これも異論があるの気がする…)。内閣の解散権を持つが、天皇の国事行為は内閣の助言と承認がなければできない。おまけに憲法には「天皇=象徴」としか書いてない上、国権の最高機関は「国会」になってる。

ややこしい(笑)
Posted by 少年D at 2011年01月30日 03:16
少年D さま

コメントありがとうございます。

確かに、日本の天皇制はややこしい(笑

ロシア人の感覚からすれば、皇帝といえば、ピョートル大帝みたいに権力の完全掌握者のイメージが強いのかも。大統領だったプーチンは皇帝か否かという議論があったのも、いろいろ示唆しているかも。もっとも今ロシアに皇帝がいないからね……。

「君臨すれども統治せず」
確かに、これが一番シンプルかもw今度からこれを使い文句にしよう。

ではでは〜
Posted by Itta at 2011年01月30日 08:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。