【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年01月22日

東洋美術館

 先日、前から計画していた「東洋美術館」へ行ってきました。東洋、と名がうってあるだけに、中国、日本、朝鮮の文化物はもちろんのこと、そのほかにも、モンゴル、チベット、東南アジア、さらにはイランやカフカースのイスラームに関するものも展示されていました。展示物といえば、陶器や衣服などの生活品から、剣や銃などの武器類まであり、またそれらと同じ分だけの、絵画もありました。
 日本人としては、ニコライ二世戴冠の際に、明治天皇から贈られた「象牙の鷲」は見ておきたいものでした。もっとも、このことはガイドブックにも書かれているほどの有名事項だったので、当たり前といえばそうですが。

 しかしながら、僕の興味をひき付けたのは、とある一人の画家の作品でした。彼の名はニコライ・リョーリフといいます。彼については、まったく知らなかったのですが、その作品を観たときに、素直にきれいだな、という印象が沸いてきたのでした。例えば、この山の絵などには、シンプルながらも、個人的には思うところありました。

gimalai.jpg

コチラのリンクに、リョーリフの作品がたくさんあります。

 正直言って、絵画芸術に関しては、まったくの無知で、関心もさほど高いとも言えません。いつも絵を見るときは、きれいだな、と思えるか、部屋に飾りたいと思うか思わないかという、まったくもって適当な感覚なのです。その、低レベルな僕の芸術観に、今回のリョーリフの作品は引っかかりました。
 なかなか絵に関心を持たない分、自分の中にビビっと反応した作品や芸術家に関しては、むしろ、大事に調べたりはするものです。まあ、滅多にあることではないですが……(笑)

 ここでは詳しく書きませんが、今回の「東洋美術館」見学は、得るものが大きかったです。イランからモンゴル、チベット、東南アジア、極東アジア、ほぼアジア全土のものを一斉に見渡すという機会はなかなかありません。そのように、一気に、ざっとアジアを西から東まで見渡したときに、何故、このユーラシア大陸のこの部分が、一くくりに「アジア」と呼ばれるかが、何となく気づけたしだいでした。

 今回のような「気づき」は、自分でモスクワ観光をしようと動いた結果であって、やっぱり行動は大事だと改めて思いました。行けば何かある、というのは本当で、今後とも残り期間、行きたいところに足を運んでいこうと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 22:42| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。