【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年01月06日

ペテルブルグ旅行3日目―ロシア美術館

 はい、ペテルブルグ旅行3日目の報告です。

 今日は、ロシア美術館へ行ってきました。この美術館は、昨日のエルミタージュ美術館と異なって、主にロシアの芸術作品を所蔵したところです。

 地下鉄駅、ネフスキープロスペクトに降りたち、しばらく歩くと、美術館の前に、詩人プーシキンの像が待ち構えていました。
DSCF7198.JPG

この像のある広場は、「芸術広場」と呼ばれ、同じく観光地だそうです。

 10万点を超えるコレクションを所蔵している、モスクワのトレチャコフ美術館の展示数の4分の1ほどだと聞いていたのですが、それでも多い。ですので、じっくり作品を鑑賞しようとすると、時間がなくなり最後のほうは、急ぎ急ぎでした。閉館時間ぎりぎりまで残り、館員さんに、急いで〜と言われながら、その場を後にしました。
 個人的には、ソ連のアヴァンギャルド芸術の作品を見ることができたことは収穫でした。日本での授業で紹介されていた作品もいくつか目にすることができて、素直に感激しました。あの時は、ロシアにあるんだ〜と漠然と思っていて、まさか間近で見られるとは思ってもいませんでした。それをさっき見たというのは、不思議な感じがしました。

DSCF7200.JPG
外に出ると、当然もう暗くなっていました。


 ロシア美術館へ行く途中に、通りに、氷を彫った作品がありました。
DSCF7195.JPG
テーマは「芸者」でしょうか。この氷の作品は、きれいなペテルブルグの街にぴったりにたたずんでいました。

 さてさて、とりあえず大きな二つの美術館は訪れましたが、まだまだ足を運んでいない興味深い場所は、多々あります。また、明日は、マリンスキー劇場で、「くるみ割り人形」を観てきます。この旅行最大の目玉といっても過言ではありません。

 それでは、失礼いたします。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 06:11| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。