【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年01月05日

ペテル旅行二日目―エルミタージュ美術館

 さてさて、ペテルブルグの旅、二日目の報告です。
DSCF7172.JPG

 今日は、エルミタージュ美術館へ行ってきました。朝食を済ませ、正午前には到着したのですが、たどり着いて驚きました。人、人、人なのです。誰のライブだよ、とつっ込みたくなるほどの行列だったのです。

前を見ると
DSCF7182.JPG
後ろを見ると
DSCF7183.JPG

おかげで、寒い中1時間半ほど待つはめになりました。もう手袋、ブーツが効果をなさなくなり、手先、足先が凍えてしまいました。それは、他に並んでいた人たちも同じだったようで、ジャンプをしたり、さすり合ったりして、何とか暖をとろうという姿が見えました。

 ようやく入場できたと思いきや、それはさすが、エルミタージュ美術館です。半日で全てをゆっくり鑑賞していくことは不可能なのです。とりあえず、有名どころを中心に、大まかに歩いて眺めるというので、精一杯でした。たくさんの有名な絵画がありましたが、僕は絵についての感想を述べるという柄ではないので、ここでは書きません。ただ、中学時代の美術の教科書や、高校の世界史の資料集に載っていた絵画が見られたことには、素直な喜びは覚えました。


 少し余談を。
 昨日、今日とペテルブルグを歩いてみて、ふと足元に目をやると、ブーツがひどく汚れていることに気がつきました。

DSCF7184.JPG

モスクワでも、ブーツは汚れはしますが、こんなにひどくこびり付いたような汚れ方はしたことがありません。何故だろうと思っていたのですが、謎は解明しました。先ほど、ペテルブルグに留学している早稲田の同級生と夕食をとった際に、「靴が汚れるでしょ?」と聞かれ、そうだね、と返すと、「それは、塩のせいだよ」と言うではありませんか。ペテルブルグという街は、フィンランド湾に面しているので、雪に塩分が含まれているのでしょう。これを聞いて、大いに納得したしだいでした。

 毎日、毎分、初めて体験するようなことや、不思議に思えるようなことに出会います。やはり旅は面白いなあ、と感じる二日目でした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 05:14| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。