【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年09月29日

黒パン

 黒パンとは、ライ麦からつくったパンのことです。味はすこしすっぱく、酸味が感じられます。ですので、好みが分かれるところだと思います。

DSCF5942.JPG

 実は、ロシアに来てから黒パンというのをはじめて見たのでした。最初、「黒砂糖パン」だと思って手にとってしまい、いざ食べてみると、すっぱさが甘さに勝っている、まさに黒パンの味にすこし辟易(へきえき)してしまいました。ファーストコンタクトは、決してよいものではなかったのです。

 しかし、スーパーで黒パンを見たときに、思わず買ってしまったのは、あまりに安かったからでした。全長40センチくらいある黒パンのかたまりをスライスしてあるのが、たった50〜60円で売られていました。
 これだけの量ですから、食べていくしかありません。しかも、僕は自炊を面倒くさがってしまうたちなので、パンは食事にはもってこいの食料です。こうして、黒パンとつき合っていくうちに、味に慣れてしまいました。例のすっぱさが甘さに勝っている、あの味がいたって普通のものに感じられました。

 とはいうものの、いつも同じ味では無味乾燥でつまらないものです。そして、ときおり普通のパンにも手を出してしまうのです。黒パンよりかは、割高ですが、味覚の退屈さをまぎらわすために、買ってしまいました。

 黒パンと普通のパンの両方を部屋に置いて数日たったころでした。普通のパンを見てみると、なんとカビが生えていました。一方、黒パンのほうといえば、何ら変わりはありません。実際に、黒パンを2週間ほど部屋に置いているのですが、ぜんぜんカビは生えないですし、気が向いたときにはつまんでいます。つまり、黒パンは保存期間がかなりあることが分かったのでした。

 ロシア人は、食料を保存する習慣があると聞いたことがあるのですが、この黒パンは、まさしく保存にもってこいのものだと思います。そう考えたときに、何か生きるということへの真摯(しんし)さがかいま見れたような気がしました。
 あとから調べたところ、黒パンは普通のパンよりも栄養が多く、腹持ちがよいということが分かりました。黒パンとは、これほどまでに万能なのか……。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 23:51| Comment(2) | 留学日誌(生活) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒パン!
高校の時大好きだった地理の先生が授業で食べさせて呉れました。
懐かしひなあ
Posted by 鳩葱 at 2010年09月30日 00:27
鳩葱さま

コメントありがとうございます。

黒パンを食べさせてくれるなんて、貴重な体験だなあ〜

じゃあ、お土産は黒パンにしようかな…なんて(笑)

今後ともよろしくお願いします。

Itta
Posted by Itta at 2010年09月30日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。