【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年04月12日

ウクライナへのガス供給

 先日、プーチン首相とウクライナの首相ミコラ・アザロフが会談し、新たな原子炉の建設のためにロシアからウクライナへ50〜60億ドルを貸与することが取り決められました。それに加え、ガス供給についても話し合いが行われましたが、最終的な合意には至らなかったそうです。

 合意には至りませんでしたが、プーチンはウクライナの案に関心を示している模様で、早期の合意が期待できそうです。
 昨年取り決められたガス価格は、かなり高いものだそうで、このままではウクライナの化学工業は停滞しかねないとされています。そのような必死さは、正教会からも伺えるものです。それを食い止めるためにも新たな取り決めが必要とのこと。

 また、ウクライナはロシアからのガス輸入量を10パーセントほど増の365億立方メートルまでに上げる方針も打ち出しました。近年ウクライナは、490億立方メートルから268億立方メートルに、輸入量をカットしていました。この対応の変化も、ガス価格取り付けの早期解決に大きな影響を与えそうです。

 現在、ロシアからヨーロッパに供給されているガスの80パーセントは、ウクライナを経由しているそうです。近年の一連のガス戦争は、これがために被害が大きかったのです。その対策として、ウクライナを迂回するサウスストリームというパイプラインが建設中でしたが、今回ウクライナとロシアの関係が修復に向かえば、サウスストリーム完成前に、安定が訪れるかもしれません。
 ヤヌコビッチ大統領は、少し前にサウスストリーム建設に待ったの声を出しましたが、これは、迂回されては困るという意味でしょう。そもそも、サウスストリームは、ウクライナとの関係が悪化している最中に建設が取り決められたもので、もしウクライナとロシアとの関係が良好であれば、その存在意義は薄れてしまいます。
 ただ、ヤヌコビッチ政権がいつまで続くは分かりませんし、いつまた軋轢が生まれてもおかしくはないでしょう。そう考えると、サウスストリームの建設を継続することは、ある種の保険になるのだと思います。

 まだ、政権が成立してから数ヶ月ですので、今後がどうこうというのは時期尚早かもしれませんが、考えてみる価値は大いにあると思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。