【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年03月29日

食料の確保!

 先週の金曜に、ブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国、いわゆるBRICsの間で、食料問題に関する協議が行われた。各国の農業大臣が集まり、農業や貿易について話し合われた。
 協議では、WTOのドーハラウンドを完了させるなどの国際経済についてのほか、4カ国で団結して、農業を伸ばしてゆくことなどが話題に挙がった。何でも、各国が需要と供給の算定をより正確に行ってゆくためのデーターベースを、協力して設立するという。また、農業技術分野における開発も協力してゆくそうだ。そして、4カ国間の貿易をもっと活発にしてゆこうじゃないか、ということも話し合われたという。

 現在、BRICsは、世界の人口の42%を占め、世界の耕作地の32%を占めている。さらに、小麦は世界の40%、豚は世界の50%、家禽(家畜として飼育される鳥)は30%以上、牛肉は30%、それぞれ占めている。

 ロシアの貿易に占めるこの4カ国の割合はすでに高い。肉類の65%はブラジルから輸入し、農業分野において全体の12.4%をブラジルは占めている。また、インドは穀類やナタネ、アブラナなどの油糧作物の買い手として確実だそうだ。
 しかし、ロシアは他国からの農業生産物の輸入を増やそうという気は、そんなに無いという。今年最初の食料問題に関する方策(ドクトリン)において、メドベージェフは、国内で消費される肉類の85%は、国内で生産すると述べ、ロシアという国自体を、局地的に、主要な農業輸出国にすると発表したそうだ。目標としては、今後15年で、農業輸出額を2倍にするといわれている。

 
 現在、世界的な問題として人口増加による食料不足が挙げられている。これからは、食料の奪い合いが起こるとも言われているほどにである。飽食の国にあっては、なかなか実感しづらいが、現実はそのようだという。ロシアをはじめとするこの4カ国には、水面下での動きともいうべく、時代に対する「鋭敏」さを感じる。国家としていかに生き残ってゆくか、これを常に自問しているような態度を、この一連の協議から、ふと感じた。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。