【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年02月28日

ロシアにおける不動産投資

 コンサルタントCB Richard Ellisの報告によると、2009年付けの、ロシアの不動産投資量は、かなりの減少を見せたという。具体的には、2008年の投資額、34億ユーロに対し、2009年は7億9千万ユーロ、つまり前年比77%の減少である。理由としては、主に海外からの投資家がロシアから撤退したことが大きいとされる。去年、海外投資家によって行われた取引は、わずか6件だったという。勿論、国内のおける投資の減退も理由の一つである。

 こういった背景は、世界的不況の影響が大きく、海外の投資家たちが、それぞれの国内での投資に専念し、海外投資を控えたということが挙げられる。ロシアでは、主に西欧からの投資がもともと多い。けれども、投資家たちは、去年、ロシアではなく西欧市場にお金を落としていった。このことは、また、ロシア自体が深刻な不況に見舞われて、市場におけるイメージがかなり悪かったことも大いに影響している。つまり、ロシアに投資することは、リスクが高いと見なされていたわけである。

 去年行われた投資のほとんどは、前もって決まっていた投資、もしくは強制的な投資だったという。更に、市場において、新しいプロジェクトや、新しいマネーも無かったそうだ。また、一番規模の大きかった投資は、Horus Capitalという開発業者による投資で、2億1400万ユーロだった。


 そして、重要な今後の見通しだが、一応は回復すると見られている。実際に、景気そのものの回復が見込まれているだけに、必然的ではあるかもしれない。実際に、海外からの投資は、国内の投資を追い越しているという。けれども、飛躍的な回復はなかなか見込めず、回復は生ぬるいと予測されている。大きな理由としては、ローリスクで、短期的にリターンが見込めるようなしっかりとしたプロジェクトが、まだ存在せず、それでは、海外の投資家たちも、容易に投資に踏み切ることが出来ないことである。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 13:43| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。