【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2011年03月31日

エピローグ3

 留学中は、3月こそ更新は少なかったですが、ほぼ毎日記事を書いていました。留学を決心したあたりから、ブログは書いてやろうと思っていたわけですが、実際に書いてみてここまで反響があるとは思ってもいませんでした。ブログを通じて多くの人たちと知り合いになることが出来ました。また、一番嬉しかったのは、2月にモスクワ大学にやって来た日本人の方が、「ブログを読んでます」と声を掛けてくれたことでした。僕の稚拙な内容でも、「モスクワの空気」を伝えられたというのは、書き手冥利に尽きます。

 文章を書いて、写真を撮る、という行為を日常の中に埋め込んでみると、自然と「意識」して生活しようとするのです。街を歩いて、ふとした出来事でもネタになったり、何でもない会話のようでも、少し考えれば、その示唆するものに気付いたりと、目の前の風景というのが、少し違って見えます。僕が言うのもなんですが、少しだけ感覚を研ぎ澄ますことが出来る、そのような感じがするのです。ブログを書かなければならない、というある意味の「脅迫」は、しまりのある生活をもたらしてくれたのでした。

 こうもブログを書いてみると、留学が終わったからブログも止めるということは出来ません。「帰国編」の新たなブログも開始します。

『モスクワを背に…』
 
 これからは、こちらのブログで戦います。よろしくお願いいたします。

 また、この留学ブログは、この最後の更新のまま残しておきますので、もしも興味がありましたら、ご覧になってください。

 1年にも満たないブログでしたが、今まで支えてくださってありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

 ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 13:38| Comment(0) | 留学日誌(個人的近況) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。