【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年11月30日

3ヶ月のけじめ2

DSCF6436.JPG

 実際の留学生活を振り返る前に、ひとつ、整理しておかねばならないことがある。

「なぜロシア語を学ぶのか」

 という問いに向き合うことである。この類の質問は、日本にいるときから、そして留学先で、いく度となく聞かれたものだ。はっきり言うと、一から百まで明確な回答をすることはできない。昨日書いたように、ロシアに興味を持つ「きっかけ」こそあるけれども、それらは、現在なおロシア語を継続して学んでいることの理由と直接には結びつかない。もしも、きっかけがあっても、途中で投げ出してしまえば、今ロシアについて学ぶ必要はない。
 「なぜロシア語を学ぶのか」。耳が腐るほどに聞かれ続けたこの問いには、何度も向き合っては、逃げた。今年の9月12日に、とある文章を書いていたのだが、このときの回答は、自分でも狡猾なもののように思えた。

 このようなはかない興味を高校時代に抱き、そのまま大学に入った。大学では、第二外国語を選択せねばならず、私は興味のあったロシアの言語を選んだ。たまたま、語学クラスの担任の先生が熱心だったこともあり、私はロシア語を勉強し続けた。いつからだろうか、ロシアの政治、経済、文化、哲学などなどに興味を抱いてしまった。すると必然的にそれらを勉強してしまうのである。そして、妙にそれらの勉強が面白く、心地がよい。現在、モスクワに入国して12日。私は相変わらず、この延長線上にいるのである。
 だから、ロシアに来ている理由や、ロシア語を勉強している理由は答えられない。これほど難しい問いは、今のところ私にはほとんどない。逆に言えば、この理由がはっきり答えられた瞬間に、私のロシアへの興味というのは、おのずと限界点が現れ、最終的には消えうせてしまうのではないか、と最近では思うようになった。(2010年9月12日)


 少しキザな表現をすれば、ロシアに「魅せられている」とでも言おうか。この感覚は決して間違ってはいない。それでも、留学し立てのころと、考えが変わらぬというのは、いささか問題だと思う。これから、わずかながら自分に素直になって、回答をひねり出してみたい。
 
 今、ロシア語を学んでいるということは、一応将来へと結びつくことを意味している。人生において、最終的には「作家」として飯を食べて生きたいと考えている僕にとって、ロシアというのは、一つの大きな主題になる。いつしか、ロシアについて書いてみたい。それがノンフィクションという形をとるのか、小説という形をとるかは別にして、ロシアについて書いてみたい。そのような漠然としていた思いが、ふつふつと留学中、日に日に増していることは、僕の素直な心情だ。
 いく人もの先人たちは、ロシアについてたくさんの書を残したけれども、それでは時代は移り変わっているのである。司馬遼太郎のような、偉大な先人も、今の一瞬一瞬を流れる「現代の」もの書くことはもうできない。今、論壇を賑わせているロシアの専門家たちも、今のロシアをどうしてもソ連時代と比較してしまうだろうから、純粋に、素直に、「現代の」ロシアと向き合うことは難しいだろう。
 そこで、自分という存在について考えてみる。僕は、ソ連が崩壊した1991年に、この世に生を受けた。僕の生まれた9ヶ月後に、ソ連は崩壊した。だから、僕にとってソ連とは単に「歴史」にしか過ぎず、その位置づけは、第二次世界大戦の延長上でしかない。いずれ社会に出るであろう、冷戦を知らない世代なのである。僕を含めたこの世代の時代は必ずやって来る。いや、もう訪れているのかもしれない。そのときに、鍵となるのが、「時代は時代の書き手(表現者)を要求する」ということである。僕は、この潮流に乗っからなければならないと思っている。むしろ、この機会を利用しない手はないと思っている。

 そう考えたときに、ロシアについて興味を持ち、ロシア語を学んでいることの「理由」や「意味」が少しだけ垣間見えたような気がする。時代のロシアを書きたい、と。そのためにも「現代人」として、世の中の変化を鋭敏に嗅ぎとっていかなければならない。それは、いつの世代の人でも、通らねばならないことなのかもしれない。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 05:59| Comment(1) | 留学日誌(個人的近況) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。