【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年11月20日

警備員たち

DSCF6134.JPG

 現在住んでいる寮には、入り口や、各フロアに、警備員の人たちがいます。寮に帰るときには、入り口で必ず「通行許可書」を提示しなければ中に入れてもらえません。

 モスクワに来てから、まだ日が浅いころには、ずいぶんと苦労したものです。まず、新しい顔だということと、ひょっとしたら「アジア人だから」、ということもあるかもしれませんが、とにかく警戒されたのです。入り口で、「通行許可書」を提示しても、「パスポートを見せてくれ」と言われ、本当に本人なのかを、まじまじと顔を見られて確認されたものです。そのときは、何を言えばいいかも分からなかったので、しぶしぶ堪えるしかありませんでした。まさしく、洗礼だったわけです。
 また、各フロアで、見張っている警備員に、あいさつをしても、はじめは何も反応されませんでした。むしろ、こちらを睨みながら、威嚇するような顔つきをされたこともありました。

 時間が過ぎるにつれ、警備員の顔も覚えるようになり、おそらく警備員側も顔を見慣れたのでしょうか、だんだんと警戒さがゆるくなっていきました。あいさつも普通に交わします。あるときには、顔を見られただけで、「行っていい」と言わることもあります。もっとも、職務怠惰で、適当にやっているということも、否定は出来ませんが……。
 警備員たちは、ある程度の期間で担当配置が変わるので、毎日目にする彼らの顔ぶれも、ころころと変わっていきます。せっかく親しくなったのに、別の配置へと行ってしまい、それっきり、という警備員もいますし。逆に、はじめて見る警備員に、けっこう警戒されたりすることは、今でも皆無ではありません。

 もちろん、警備員も人間ですので、それぞれの性格というものがあります。その点は尊重しつつも、いくつかの共通点は、感じました。特に、不審に思われたときの態度などには、その共通さが顕著にあらわれます。何か問題があれば、だいたい大きな声で呼び止められて、事情を聞かれるというさまです。
 警備員という、ある意味官僚的な仕事をやっている人たちを、ここ3ヶ月弱見てきましたが、実に興味深い人たちだなと思っています。中には、女性の警備員もいるのですが、ときどき男より厳しいんじゃないかと思うこともあります……。きれいな容姿をしているのに、どうしてそんなに厳しいんだろ……。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。