【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年11月15日

地下鉄2―切符の話

 久しぶりに、地下鉄ネタに走りたいと思います。今回は、「切符」についてです。

 日本では、とくに都心部では「スイカ」とか「パスモ」などのICカードが普及していて、もはや「切符」を手にする機会は少なくなっているかと思いますが、これは完全な「都会目線」です。まだ自動改札が普及していない地域もありまして、そこはいまだに駅員さんが、パチパチと切符を手動で切っているのです。はい、僕の地元の話です……。

 と雑談はさておき、モスクワでのそれに話題を移しましょう。
 モスクワの地下鉄の切符というのは、一見したところ、単なる紙のカードのようです。このカードを、機械にかざすと、自動で開いてくれます。つまるところ、「簡易ICカード」といったところでしょうか。

DSCF6864.JPG

 安っぽい作りなのに、何でICカードなのだろうと、疑問に思ったので、思い切ってビリビリと剥がしてみました。

DSCF6865.JPG

 確かに、金具が入っている。
 実は、切符を買うときに、いつも販売所のおばちゃんが、データを入力しているのです。一回だけなら一回、五回分の切符なら五回と、それぞれに応じて入力されているデータが異なるのです。

 気になるお値段ですが、片道24ルーブル(65円くらい)です。安いものです。東京の地下鉄が、一番安くて160円、JRの電車でも100円を越えるのを考えると、こちらの安さが想像できるでしょうか。
 ちなみに、今僕が毎月買っている、バス、路面電車で使えるという定期券(もちろん学生用)は、ひと月あたり220ルーブル(600円くらい)です。
 公共交通費が安いというのは、本当にお財布にやさしいものです。日本に帰ったら、高く感じるんだろうな〜

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。