【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年11月13日

列車のなかで……

DSCF6003.JPG

 それは、空港からモスクワへと帰る列車の中のことでした。二人がけの座席に一人で腰かけていたところ、空いていたもう一つの席に、アジア系の青年が座ってきたのでした。
 しばらくもしないうちに、
「○×△○□〜」とおそらく中国語であろう言葉で話しかけられました。私はいぶかしそうな表情で、とっさにロシア語で「ごめんなさい、よく分かりません」と返しました。すると、相手は驚いたように「どこから来たんだい?」と流暢なロシア語で質問してきたのでした。「日本から……」と答えてから、彼との会話がはじまりました。

 中国から来ているという彼は、もう3年もロシアの大学に在籍しているとのこと。今、どんな勉強をしているのか、やどのようにロシア語を勉強しているのか、などの話で、同じ留学生ということもあってわりあい会話は弾んだのでした。
 それから、漢字を見れば、中国語もそれなりに理解できるということも分かり、言語の話でも盛り上がったのでした。同じ表記なのに、読み方の違う日本語にたいへん興味を持っているようでした。

 かれこれ、30分ほど彼と列車の中で話し込んでいました。それにしても、きれいなロシア語だったことを覚えています。外国人独特の、母国語なまりのロシア語ではなく、それはロシア人っぽい口調でした。それに、非常に紳士的な態度に思わず感服してしまいました。
 3年かあ……と思いながら、自分の留学期間である7ヶ月の短さを改めて思い知らされることになったのでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。