【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年11月25日

ゆけ!スパルタク!(サッカー観戦)

 このブログでは、たびたびサッカーが、ホンダが、などと言っているのですが、そのわりには、実際に試合を見てないのです。これでは、ブログの存在意義が少し薄れてしまいます。「現地ルポ」などとうたっているのですから……

 と、いうわけで、サッカーの試合を観にいってきたわけです。残念ながら、本田圭佑所属のCSKAモスクワの試合ではありませんが、地元モスクワのもう一つの強豪チーム、スパルタク・モスクワの試合です。ロシアのリーグ戦は終わってしまったのですが、まだヨーロッパチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグは、行われているので、試合はあります。今回は、ヨーロッパチャンピオンズリーグのスパルタク・モスクワ対マルセイユ(フランス)というカードでした。残念ながら、試合はスパルタクが0-3で負けてしまったのですが、今回は、スパルタクのファンの状況を中心に報告していきたいと思います。

 スタジアムの最寄の駅に着いたときには、もうスパルタクのサポーターが盛り上がっていた。「ゆけ!スパルタク!」と掛け声が駅全体に響く。エスカレーターの上からコインが、そしてビンが降ってくる。当然、ビンは割れ、ガラスの破片が降ってくる。それでもファンのテンションは上がる一方。「ゆけ、ゆけスパルタク!」。相変わらず、掛け声がこだまする。
 駅から外へと出ると、前回と同じように大量の警察が出回っている。もちろん、馬も出陣している。スタジアムの入り口までの道でも、スパルタクのサポーターが、かなりのテンションで騒いでいる。もちろん、掛け声つきで。

 入り口に着いた。入場のさいには、警察による入念なボディチェックが行われる。何か堅いものでもあれば、「何だ?出せ」と言われ、何もなければ「行け」とさっさと入れられる。入場までに、計2回のボディチェックがなされた。やはり、それだけセキュリティーには気をつかうということだろう。

 入場完了。首にスパルタクの応援マフラーを巻き、いよいよ試合開始である。もう盛り上がりは絶頂だった。



 「ゆけ、スパルタク!!」はもちろんのこと、応援歌や、別の掛け声がスタジアム全体に響き渡る。スパルタクがいいプレーをしようものなら、拍手と歓声で盛り上がり、相手がボールを持つようなら、すかさず大ブーイングである。
 前半18分、マルセイユのきれいなゴールで先制をされ、一瞬ため息が広がったが、たかが一点差だ、まだまだこれから、という意気込みで、前半を折り返す。ハーフタイムのときには、席を外し、外へと出る。スパルタクのサポーターたちと一緒になって、たむろする。よく周りを見渡すと、アジア人が極端に少ないことに気づいた。すると、近くにいたロシア人の集団に、
「どこからかい?韓国?」と聞かれた。日本だ、と答えると、
「お〜日本か!! 日本が応援してくれているぞ〜!!」と迎え入れられた。ちなみに、そのロシア人たちと一緒に写真を撮った。

DSCF6898.JPG

 さて、後半の始まりである。後半開始から9分、マルセイユに追加点を奪われる。この時点で、若干あきらめの雰囲気が感じ取られたが、まだ席を立つサポーターはいなかった。
 しかし、その14分後、またしても追加点を奪われ、スコアは0-3に。点を決められた瞬間に、前に座っていたおじさんが、突然拍手をしながら、笑い出したかと思うと、そのまま席を立ち、スタジアムから出て行ってしまった。おじさんの退場を皮切りに、次々にスパルタクサポーターは、席を立ちだした。およそ客の半分ほどは消えただろうか、すっかりと閑散としてしまった。それでも、健気に声を出して応援するサポーターはいる。何て熱い人たちだ!
 
 それでも、試合はそのまま終わった。スパルタクの選手たちが、ベンチ裏に引き上げるときには、スパルタクサポーターから、容赦のないブーイングが沸き起こる。最初のテンションが嘘のようだった。

DSCF6926.JPG

帰りは、何も問題なく、無事に寮までたどり着いた。寒かったということもあり、スパルタクの応援マフラーは、最後まで巻いていたのだが、寮に入ったときに、警備員に、
「お〜スパルタクを観にいったのか、どうだった?」と話しかけれ、
「ダメだった……」と一言だけを、私は返した。

 スパルタクが負けて、残念だったのですが、熱い、熱いスパルタクのサポーターたちと一緒になって応援できたのは、たいへんな収穫でした。実は、サッカーの試合を見るのは、これが初めてだったり……。また、来月の2日には、CSKAモスクワの試合があります。今のところ、この試合に足を運ぶ予定です。何たって、本田圭佑を見られる最後のチャンスかもしれないのです。来シーズンに、彼がモスクワにいる保障はないですし……。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 07:39| Comment(0) | 留学日誌(観光) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

未更新の報告

今朝、ブログを更新しようとしたところ、ネット回線が悪く、アップできませんでした。何でも、寮の中のネット自体が不具合を起こしたらしく、他の人からも、朝のネット状況は悪かったと聞きました。

ですので、11月24日付けのブログはこのような形になります。

ご容赦ください。

posted by Itta at 23:59| Comment(0) | 留学日誌(個人的近況) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

ロシアへの「亡命」−タバコをめぐる

DSCF6892.JPG
※とあるタバコ屋での一枚

 禁煙。増税。分煙。などと、喫煙者にとってはたいへんに分が悪い状況が、昨今の日本では見受けられます。僕自身は、まったく吸わないのですが、親父がかなりのヘビースモーカーだったり、大学の友人が喫煙者だったりする関係で、なぜかタバコ事情には縁があります。日本では、10月より、たいへんな値上がりがあったようで、ネットを通じてその悲痛な声を聞いておりました。これにを気に止めようと思っている大学の友人も出てきました。

 しかし、ふとモスクワに目を向けてみると、こんなにも喫煙に対する抵抗の無い街なのか、とそのギャップに驚くばかりです。だって、街中で必ず誰かがタバコを吸っていますし、吸殻もどこにでも落ちていますし、タバコ屋もすぐに見つかります。最初驚いたのは、街中で見かけるきれいな若いお姉さんも、スパスパとタバコを平気な顔で吹かしていることです。それから、これは留学生などに多いのですが、ロシアに来てからタバコを吸うようになったという人もいます。

 なぜに喫煙率が高いかといいますと、単純に値段の問題だと思います。日本でも人気のある、マイルドセブン、マルボロなどの銘柄もだいたい一箱40〜50ルーブル(100〜150円の間くらい)ですし、ロシア製の銘柄などでは、一箱20〜30ルーブル(50〜100円くらい)というのもありますし、このくらいの値段なら家計にも大してダメージはないな、と頷けてしまいます。
 もっとも、「質」という面からすれば、日本で売られているものの方がずっと高いということは聞きます。一度、僕の喫煙者の友人が、ロシア人に日本から持ってきたマイルドセブンか何かをあげたときに、何だこの味は!と感動していたのを覚えています。本当にマイルドセブンなのか、と聞き返したり、どこで買った、などと質問攻めにあっていたのを思い出します。日本から持ってきた、と友人が言ったところ、たいへんに残念がっておりましたが……。

 しかしながら、一応ロシア国内では禁煙運動というのはあるみたいで、街中の広告にも禁煙を意図するものが目に入ります。かのプーチン首相が、副首相か何かに「あなたも止めるんだ」と問い詰めたというのは、日本でも有名になっておりましたし。
 まあ、今の値段のままでは、国民の禁煙というのは難しいかなあ、と思います。

 それでも、肩身を気にせず、堂々と喫煙できる、という環境は喫煙者にとってはかなりよいものだそうです。特に日本人の喫煙者はそうだといいます。ですので、僕は日本での禁煙「デモンストレーション」に苦しんでいる人たちには、ロシアへの「亡命」を勧めています(笑)

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ

2010年11月22日

ヲタク、コスプレ、アニメ、AKB……

 さて、昨日の内容に引き続き、モスクワで行われたJ-Popフェスティバルについて報告していこうと思います。前回、引用した記事に

 20日からモスクワで開かれているこのイベントは、アニメやファッション、音楽を初め、今の日本の若者の文化を紹介しようというものです。ファッションショーでは、プロのモデルではなく公募で選ばれたモスクワの中高生や大学生などが参加、日本のロリータファッションなどを披露しました。会場にはたくさんの若い人たちが自分たちの好きな格好で集まりましたが、単純に日本のまねをしているのではなく、すっかり自分たちのものにしているという感じでした。


とあるのですが、僕の友人が、この「公募で選ばれたモスクワの中高生や大学生」と友だちでして、当日、会場で実際に仲良くなったのです。ちなみに、時事通信も、このイベントについての記事を発信しているのですが、

時事通信記事.png
実際の記事はコチラ

この画像に載っているロシア人二人は、その仲良くなった人たちのうちの二人です(驚 「AKBのメンバーと写真を撮ったよ〜」とかも言っていたので、本当に驚くばかりです。(AKBのメンバーのブログを見てみると、ロシア人との写真も載っていたので、何か不思議な感じがしました)

DSCF6882.JPG

DSCF6888.JPG

 このイベントでは、とにかく日本人はモテるのです(笑)どういう意味かと言うと、一緒に写真を撮ってくれ、とか、日本人だけの写真を撮っていいか、など、被写体になってほしいとのことでした。何度、写真を撮られただろうか……、若干得意気になったのは、単なる思い違いですね(笑)
 単に、写真を、という人もいる一方で、実際に日本語を勉強して、日本語で話しかけてくれる人もいて、こちらも嬉しいものでした。先のコスプレショーのロシア人の中にも、日本語を勉強している人がいますし。
モスクワに来てから、日本に関心のあるロシア人と、たくさん出会いましたが、彼らの多くが、日本のアニメやドラマを見てから、勉強したくなったと言っています。その言語を学びたいと思わしめるほどに、インパクトがあったのでしょう。

 多くのロシアの若者が、こうした日本の文化に熱い視線を送っています。このところの日ロ関係とは正反対の雰囲気が会場にはあふれていました。
 

という記事の最後の文章は、まさしくそうだと思います。AKBのコンサートで、「ロシア、日本、友だち〜!!」とメンバーが叫んでいましたが、このような率直で、純朴な意見というのは、やはり大事だなと思ったしだいでした。このように、素直に打ち解けている人々の姿を見ていると、国益が何だとか言っているのが、どうしてもつまらないことに思えてしまうのは、仕方がないことでしょうか。(もちろん、それらを疎かにしてもいいと言っているのではありません)

 楽しく、かつ、真剣に向き合うべき何かを気づかされたようで、たいへんに収穫のあるイベントでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ

2010年11月21日

モスクワでAKB!!!

ロシアで日本文化紹介、AKB48も参加
 ロシアの首都・モスクワで20日、日本文化を紹介するイベントが開かれ、多くの若者が集まりました。イベントには日本のアイドルグループ「AKB48」のメンバーも参加しました。
 20日からモスクワで開かれているこのイベントは、アニメやファッション、音楽を初め、今の日本の若者の文化を紹介しようというものです。ファッションショーでは、プロのモデルではなく公募で選ばれたモスクワの中高生や大学生などが参加、日本のロリータファッションなどを披露しました。会場にはたくさんの若い人たちが自分たちの好きな格好で集まりましたが、単純に日本のまねをしているのではなく、すっかり自分たちのものにしているという感じでした。
 「日本では若い人をはじめ、きれいな服を着て自己表現しているのがすばらしいです」
 「ロリータファッションが好きです。特に甘い、落ちついた雰囲気のものが好きです」(ファッションショーの参加者)
 また日本のアイドルグループ・AKB48も参加。フェスティバルは初日から多くの人で賑わいました。
 「(ロシア語で)ウメチャンと呼んでください!ありがとう!」(AKB48・梅田彩佳さん)
 多くのロシアの若者が、こうした日本の文化に熱い視線を送っています。このところの日ロ関係とは正反対の雰囲気が会場にはあふれていました。(21日10:56)(TBSnews)


 昨日、これに行ってきました。
 まずは、AKB48のコンサートのレポートからしていこうと思います。

 コンサートが始まる、1時間くらい前だったでしょうか、「AKB、48!、AKB、48!」と叫ぶ、怒涛のような声が聞こえたのです。思わず、声の発信源に行くと、20人くらいのロシア人によるAKB48の応援団がいたのでした。

DSCF6886.JPG

 この集団にみな釘付けで、日本のメディアなどをはじめとして、取材する姿が見受けられました。

 そのうち、コンサートの時間になりました。実際に、AKBのパフォーマンスは、日本でも見たことがなかったので、今をひた走る彼女たちは、どのような感じなのだろうと、内心としても楽しみにしていました。
 最初、2曲を立て続けに歌ったあと、自己紹介、およびトークに入りました。記事にあるように、彼女たちはロシア語であいさつをしたのです! しかも、「AKB48」(エーケービー・フォーティーエイト)というグループ名も、ロシア語読みにして……

АКВ48(アーカーベー・ソーラックボーセミ)

ロシア語で読むと、本当にこうなるのですが、彼女たちがそうやって呼んでいたので、たいへんに面白かったです。全部で12人のメンバーが来ていたのですが、みなロシア語で「私は〜です」「〜(あだ名)と呼んでください」「私は〜が好きです!」「УРА〜!!(わー!!)」などのロシア語をしゃべっていたので、完全にロシアプログラムだなあ〜と感服しました。

しかも、このトークのときだけではなく、コンサートでは一貫してロシア語がところどころで、使われていました。おそらくですが、「ありがとう」という日本語は耳にしていません。必ず「スパシーバ」と言っていたように思えます。それから、「次の曲は〜!!」とか、「最後の曲は〜!!」という合間のつなぎの言葉も、すべてロシア語で彼女たちは表現していました。

 実際のコンサートということもありましたが、このAKBの公演が、この日一番盛り上がったといっても過言ではないかと思います。国は違っても、会場の雰囲気は、完全にAKBに持っていかれていたような感じでもありました。なぜ、彼女たちが支持されるのかということも、大分わかったような気がします。

 今回、AKBは、はじめてロシアで公演をしたといいます。そして、今後はモスクワを皮切りに、ヨーロッパ、そして世界へ、という話をしていました。

 さて、少し話が長くなりつつあるので、このあたりで。他の話もありますので、それは明日へと持ち越します。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。