【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年04月18日

ニコライ2世と鹿児島

 ニコライ2世といえば、ロシア帝国、ロマノフ朝最後の皇帝として有名だ。王朝末期の暗澹(あんたん)な状況の中、ラス・プーチンとの関係、ロシア革命の後の一家処刑など、彼に関するエピソードは多い。
 そして、日本にもゆかりがある。ニコライ2世がまだ皇太子だった頃、ウラジボストークに向かう途中、訪日している。来日中の大きな出来事といえば、やはり「大津事件」だろう。この事件でニコライが負傷したことは、明治時代の日本においても、無視できない大事件であった。

 「大津事件」はさておき、ニコライが京都へ向かうまでに、長崎、鹿児島を相次いで訪れていることを着意したい。ニコライは、県知事を表敬訪問し、鹿児島にある正教会を訪れたという。
 
 実は、正直なところ、ニコライが鹿児島を訪れていたことは、全く知らなかった。初めて知ったのは、少し前に鹿児島を訪れ、城山を観光していた際に、ニコライの記念碑を発見したときだった。城山は、かの西郷隆盛が自刃した場所として有名だが、今では自然保護区となっており、公園として開けている。そこをずっと歩き、島津家が祭られている「照國神社」という神社に向かっているときに、ひっそりと「『露国皇太子ニコラス殿…記念碑』はこちら」という旨の白木の看板が立っていた。思わず気が引かれ、そちらの方向に足を向ける。しかし、道は整備されておらず、田んぼのあぜ道のように、草の道である。その上、これは高齢の方は辛いだろうな、というくらい坂が急であった。つまり、誰も来ないところみたいである。
 その急な坂を何とか登り、一つの結構大きさのある石碑を見つけた。周囲には誰もおらず、静けさはこの上ない。恐る恐る石碑の正面に回り、ニコライの記念碑であることを確認した。しかし、記念碑にはくもの巣が掛かっており、そこに葉っぱが引っ掛かっていた。何とも哀れな立ち姿だったことを覚えている。
 私が訪れたときが、たまたま人がおらず、記念碑もないがしろにされていたのなら、話は別だ。しかし、ニコライが鹿児島を訪れたということは、歴史の中に風化していき、あまり気にも留められなくなったのか、と果かなさを感じた。

DSCF4213.JPG

写真は、私がくもの巣を払ってから、撮影したものです。背景から、その哀愁さが伺えるでしょうか。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。