【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年04月26日

『さらばモスクワ愚連隊』

 作家、五木寛之のデビュー作は、『さらばモスクワ愚連隊』といいます。本作品は、ソ連時代の「雪どけ」の頃が描かれており、いわゆる西側のものに魅了されている若者や、それに頭をかかえるソ連当局の葛藤が盛り込まれています。単に文庫本50ページ程度という短い物語ですが、当時の状況が如実に表されているといいます。
 主人公は、日本のジャズバンドをロシアで公演させるためのプロデュースを名目のもとモスクワを訪れますが、これには日ソ関係に絡む、政治や財界の動きが裏にあります。しかしながら、かつてジャズピアニストとして鳴らしていた主人公は、ジーンズに、派手なチェックのシャツ、リーゼント風の髪型をし、ジャズをたしなむという「西」に影響されている若者と出会ったり、そのような状況に悩む、共産党関係者と接することに、様々な感慨を覚えてゆきます。短い小説なので、あらすじを書きすぎると、もはやあらすじではなくなり、ほとんど内容を網羅してしますので、このくらいにしておきます。

 この作品は、当時ずいぶんと物議をかもしたそうです。恐らく、リアルに描かれすぎているという理由でしょうか。ソ連のある種の「閉鎖性」が作品を通じて感じられます。ここに、五木寛之の興味使いコメントがあります。

「私はもちろん、文学をやる積もりでこれらの作品を書いたのではない。私が夢をみたのは、1960年代という奇妙な時代に対する個人的な抵抗感をエンターテイメントとして商業ジャーナリズムに提出する事であった。ソヴェートにおけるジャズ、日本における流行歌などで象徴される、常に公認されざる“差別された”現実に、正当な存在権をあたえたと私は望んだ。エンターテイメントという形を借りて、自分をとりまく状況に、一丁文句をつけてやろうと思ったのである。」

 
 五木寛之は、早稲田の露文科に在学しており(当時は除籍処分、後に未納分を収め、中退扱いとなる)、後にロシアをはじめとする海外を渡り歩いています。そのときに視た、ロシアに対する所感が、存分に作品に反映されているのだと思います。余談ですが、本作品の主人公も、大学は除籍扱いとなっているのは、著者のことを彷彿とさせています。
 大作家の、若き頃の感性によるロシア感は、当時を知るための重要な資料として現在もなお受け継がれています。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ



posted by Itta at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

ニコライ2世と鹿児島

 ニコライ2世といえば、ロシア帝国、ロマノフ朝最後の皇帝として有名だ。王朝末期の暗澹(あんたん)な状況の中、ラス・プーチンとの関係、ロシア革命の後の一家処刑など、彼に関するエピソードは多い。
 そして、日本にもゆかりがある。ニコライ2世がまだ皇太子だった頃、ウラジボストークに向かう途中、訪日している。来日中の大きな出来事といえば、やはり「大津事件」だろう。この事件でニコライが負傷したことは、明治時代の日本においても、無視できない大事件であった。

 「大津事件」はさておき、ニコライが京都へ向かうまでに、長崎、鹿児島を相次いで訪れていることを着意したい。ニコライは、県知事を表敬訪問し、鹿児島にある正教会を訪れたという。
 
 実は、正直なところ、ニコライが鹿児島を訪れていたことは、全く知らなかった。初めて知ったのは、少し前に鹿児島を訪れ、城山を観光していた際に、ニコライの記念碑を発見したときだった。城山は、かの西郷隆盛が自刃した場所として有名だが、今では自然保護区となっており、公園として開けている。そこをずっと歩き、島津家が祭られている「照國神社」という神社に向かっているときに、ひっそりと「『露国皇太子ニコラス殿…記念碑』はこちら」という旨の白木の看板が立っていた。思わず気が引かれ、そちらの方向に足を向ける。しかし、道は整備されておらず、田んぼのあぜ道のように、草の道である。その上、これは高齢の方は辛いだろうな、というくらい坂が急であった。つまり、誰も来ないところみたいである。
 その急な坂を何とか登り、一つの結構大きさのある石碑を見つけた。周囲には誰もおらず、静けさはこの上ない。恐る恐る石碑の正面に回り、ニコライの記念碑であることを確認した。しかし、記念碑にはくもの巣が掛かっており、そこに葉っぱが引っ掛かっていた。何とも哀れな立ち姿だったことを覚えている。
 私が訪れたときが、たまたま人がおらず、記念碑もないがしろにされていたのなら、話は別だ。しかし、ニコライが鹿児島を訪れたということは、歴史の中に風化していき、あまり気にも留められなくなったのか、と果かなさを感じた。

DSCF4213.JPG

写真は、私がくもの巣を払ってから、撮影したものです。背景から、その哀愁さが伺えるでしょうか。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

所得≠生活状況―備蓄ということ

 割合面白く、気になる記事がありました。

ロシア大統領と首相「賃金カット」 経済危機、財布直撃2010年4月15日0時50分 【モスクワ=副島英樹】ロシアのメドベージェフ大統領やプーチン首相ら閣僚の昨年の所得が12日に公表され、前年に比べて大統領は約20%、首相は約17%減少した。ロシアメディアは「賃金カット」について、「経済危機は一般市民だけでなく高官の財布も直撃した」と伝えている。
 クレムリンのサイトによると、メドベージェフ大統領の2009年の所得は333万5281ルーブル(約1千万円)で、08年に比べ約80万ルーブル(約240万円)減った。
 一方、内閣のサイトによると、プーチン首相の09年の所得は388万9807ルーブル(約1170万円)で、08年より約73万ルーブル(約220万円)減少。しかし、メドベージェフ大統領の所得より多かった。
 閣僚の最高所得は、自分の会社を持つトルトネフ天然資源相の1億5500万ルーブル(約4億6500万円)。だが、前年に比べれば半分以下に激減し、経済危機の影響をもろに受けた。
 役人の汚職防止策の一環として、昨年から家族の総所得も公開している。09年はシュワロフ第1副首相の家族が断トツの1位で、夫人の所得が夫の約100倍の6億4200万ルーブル(約19億円)にのぼった。(Asahi.com)

 
経済危機の影響については、これまでにもいくつか書きました。ただ、今回の政府要人たちの所得の減少を見てみると、ここまで落ち込みがあるのか、と痛感させられます。政府要人でさえ大幅減少だったわけで、すると一般市民はどれだけ大変なのだろうかと考えさせられます。しかし、これだけ経済が疲弊しているにも関わらず、社会全体の大きな「崩れ」までは顕在していないように思えます。その理由の一つが、最近読んだ本に書かれてあり、いまここに参照します。
 何でも、ロシア人は普通の人でも食料を、大体2年分ぐらいは備蓄するそうです。缶詰やレトルト食品、そしてパンの代わりに米を、買いだめしておくといいます。モスクワに住む人々の多くは、郊外にダーチャという別荘のようなものを持っており、そこに保存するそうです。また、ソ連時代には、それぞれアボーシュカという袋などを持ち歩き、何か売っていたらすぐに購入し、備蓄するという慣習があったといいます。このような感覚が、現在にも根付いている、と。

 上記のことを知ったときに、ロシア人の生きる、ということに対する「勘」のようなものを感じました。恐らくは、作物が取れない年があるから、という理由が主だったのだと思いますが、この備蓄の慣習は、今となってはそれ以上の効果を発揮しそうです。現に、食料不足が今後懸念されるわけで、ロシアもそれへの対策は練られています。しかし、一般市民レベルで、ここまで食料に対する危機意識が強ければ、益々の対策の効果が期待できます。現在は、経済危機はまだ終わらないかもしれないという危機意識のもと、買い込みのための消費がブームだそうです。またロシア人の新たな特長を発見できました。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:59| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

腐敗撲滅政策の進展―ダイムラー贈賄に絡め

 少し前に、独大手自動車会社ダイムラーがロシアをはじめとする諸国に賄賂を渡していたことについて書きました。

ダイムラー贈賄とロシア
 
 その問題について、ロシア政府がどのような態度を示すかが焦点になっています。割合詳しい内容がThe Moscow Timesに掲載されていたので、参照します。
 このダイムラーからの贈賄先には、内務省などの政府関係者も含まれていました。しかしながら、依然検察が調査に乗り出さないということが物議をかもしています。検察には、多くの事件に関する報告がなされているはずなのに動きがないのは何故だろう、と。一つの憶測としては、政府役人が関係しているために、政治的な指令を待たなけれず、そのために検察も動きがとれない、というのが挙げられています。
 そして、腐敗撲滅を掲げるメドベージェフ大統領にとって、ここが正念場であるといわれています。これまでにも腐敗への対応はなされてきましたが、いかんせん絶大な結果は得られていません。今回の、ダイムラー贈賄をいかに対処してゆくかが、問われています。


 と、書いてあたためていたのですが、更新も遅れたこともあり新しいニュースが入ってきました。つまり、この話が進展したということです。
 昨日、水曜日に腐敗撲滅政策の純化を表した声明がクレムリンのウェブサイトに発表されました。より厳しい罰金や、政府予算などの監視の強化などが盛り込まれたそうです。この新しいニュースには、ダイムラーのことは書いてありませんでしたが、恐らく考慮はされているでしょう。
 しかしながら、この純化にも関わらず、懐疑的な意見も依然あります。腐敗撲滅の政策などの類は、マスメディアや社会全体を取り込んで公に議論されるべきなのに、実際は政府による「お上」が中心に話を進めている、と。

 どんなに素晴しい政策を打ち出しても、結果が伴わなければなりません。腐敗没滅を打ち出してから、もうすぐ2年になりますが、具体的な、強力な結果を出さなければ、これは不信にも繋がってしまいます。
 政府要人など、かなりきわどい部分を触れなければならないので、この問題はかなり勇気のいることだと思います。しかし、実際に結果を残せば、それだけでも、メドベージェフの評価を上げるには十分なはずです。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:59| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ロシアより愛をこめて

 数日前に、興味深い記事を見つけていました。

ボンド・ガール人気ナンバーワンが決定!『ロシアより愛をこめて』のビアンキに!日本のボンド・ガールもランクイン!2010年4月7日 10時10分
 [シネマトゥデイ映画ニュース] 3月21日より、史上初となる『007』シリーズ全22作品の一挙放送を開始しているWOWOWが、加入者を対象とした『007』シリーズに関する人気投票を実施したところ、映画『007/ロシアより愛をこめて』のダニエラ・ビアンキが「ベスト・ボンド・ガール」第1位に選ばれた。
 22作品にのぼる『007』シリーズは、これまで作品の数に比例して数多くの美女がボンド・ガールを演じてきたが、ダントツのトップに輝いたダニエラは、ファンの間でも不動の人気を誇るボンド・ガールだ。「ベスト・ボンド映画」にも選ばれた、映画『007/ロシアより愛をこめて』で、セクシーなスタイルを披露し、ソビエト情報部の情報員という才女を見事に演じてみせ、世界中のファンをとりこにした。作品としても秀逸な本作だが、ダニエラの存在なくしては、本作の魅力は語れないだろう。(後略)


 続きはこちら 

N0022648.jpg

 『ロシアより愛をこめて』は、中学の頃に観た覚えがあります。アメリカとソ連の関係性などほとんど理解しないままに、漠然と観ていたと思います。正直なところ、話の内容もほとんど覚えていません。ただ、何かある種の「ロマン」というか、何か格好良い印象は受けました。同時に、誰か綺麗な人が出演していたなというのは明確に覚えています。加えて、主題歌の印象も強かったです。
 


 


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。