【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年02月25日

入隊したくない!

 ロシアの世論調査機関VTsIOMの調査によると、応答者(1600人)の75%が、軍隊に入隊したくないということが分かった。理由としては、hazing(軍隊内での苛め、特に新兵苛めなどを指すと推測)が挙げられている。また、今回と似たような調査が2000年にも行われたが、当時に比べて、30%ほど入隊を嫌う人々は増加した、とも報告されている。実際ロシアでは、2008年に、義務徴兵が2年から1年へと軽減され、苛めの件数こそ減少はしているが、今回の調査では、依然苛めへの懸念が高いことが証明された。
 応答者の51%は、戦死するのが怖いという回答をした。しかしながら、第2次チェチェン戦争の真只中だった2002年は、戦死を恐れる人は約60%を占めていた。少しずつ、変化が現れているということだ。また、応答者の半分は、最愛の人が入隊するのは見たくないとし、一方で、3分の1が逆の考えを示した。


 このような傾向の要因は、ロシア軍部の状況によるところが大きいようだ。軍部は、近年、軍隊腐敗や老朽化した兵器などの問題を抱えている。それに対し、メドベージェフ大統領は、古い兵器を「継ぎ接ぎ」のようにして使うことは止め、質の高い近代兵器に全面的に移行してゆくべきだと主張している。


 双頭体制が成立した際に、公約の中に「腐敗の除去」というのが含まれていた。そして、数日前に政府が警察腐敗の一掃に乗り出したということは、記憶に新しい。すると、軍部の腐敗除去が行われたとしても、少しもおかしくはない。勿論、安易に行動に踏み切ることは難しいところがあるが。また、老朽化した兵器という点については、フランスから近代兵器を購入したということが、大きなニュースとして挙げられる。近代兵器への移行も、着々と進められていると見ても差し支えは無いかもしれない


 思うことは、政府はやはり実行力を持っているということだ。その気になれば、実力行使も辞さないほどに。ちなみに、数ヶ月前に大統領権限で、対外進出も可能になったことも留意しておきたい。



ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta at 11:44| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。