【ロシア】200日の漂流―モスクワ大学留学記2010-2011

2010年02月06日

ロシア語の「音楽性」

 今回はロシア語の持つ「音楽性」について話したいと思います。ロシア語を学びながら、常々思っているのですが、ロシア語は韻を常に踏み、流れるように発音されるなあという印象を持ちます。(実際、私は日本語と英語、ロシア語しか学んでいないので、ロシア語に限ったことではないかもしれません)


 例えば、簡単な言い回しですが、「最も美しい切手」という意味のロシア語は、

Самая красивая марка (サーマ クラッシーバ マール


と表されます。一例だけでは説得力がないかもしれませんが、ロシア語は、全体として男性名詞とか女性名詞に対応する活用の変化が似ているので、このように韻を踏みやすいのです。



 次に、ツルゲーネフの『猟人日記』の“свидвние”という作品から例文を取り上げます。


Я сидел и глядел кругом и слушал.
(ヤー シジェー イ グリャージェ クルーガム イ スルーシャ

Она притихла, подняла голову, вскочила, оглянулась и всплеснула.
(アナ プリチフ パドゥナー ゴーラフ バスカチー アグリャーヌシ イ フスプレスヌー


という例文です。実際の発音を聞くと、流れるように聞こえてきます。平らな文面では分かりづらいですが。



 さて、この『猟人日記』の“свидвние”という作品、二葉亭四迷が『あひゞき』として翻訳していることは有名です。二葉亭は「歐文は唯だ讀むと何でもないが、よく味うてみると、自ら一種の音調があつて。聲を出して讀むと抑揚が整うてゐる。即ち音楽的である。」と述べていて、ここからロシア語の「音楽性」について確認が出来ます。そして、この音楽性を重んじるために、二葉亭は初めての翻訳の際には、その音楽性をも翻訳しようと試みます。
 先の例文2つは、以下のように訳されています。

 「自分は座し、四顧し、そして耳を傾けゐた」
 
 「「アクーリナ」は漸く涙をとゞめ、頭を擡げ、跳り上ツ、四邊(あたり)を視まはし、手を拍た」


現代の感覚で考えると、このような翻訳はたどたどしく感じるかもしれません。しかしながら、当時は言文一致運動の始まりの頃で、二葉亭の影響は多大なものでした。最終的に、二葉亭はこの翻訳は諦めて、改訳を試みたわけですが、二葉亭の姿勢は、ロシア語が日本語とは異なった独特の「音楽性」を持っているということを認識させてくれます。


 ロシア語の一つの特徴をこのように考えたわけですが、もちろんロシア語が綺麗な言語で日本語がそうではない、ということではありません。それぞれの言語が独自の特徴を持っており、それはそれで尊重すべきです。



 ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ
posted by Itta at 07:58| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。